携帯電話やスマートフォンの料金の延滞でブラックリストに記載されてしまう人が増えています。一見すれば、携帯電話やスマートフォンの料金とブラックリストでは無関係な感じがしますが、一部の人ではそうではありません。

その一部の人とは携帯電話やスマートフォンを実質0円というような契約で購入した人です。実質0円ということですが、この契約は月々の携帯電話やスマートフォンの料金に本体の購入代金を分割で支払うという契約になっています。月々の携帯電話やスマートフォンの料金を延滞するということは携帯電話やスマートフォンの本体の購入のローン支払いを延滞しているのと同じ効果になってしまいます。ブラックリストに記載される条件として返済を3ヶ月以上延滞するという項目がありますが、3ヶ月以上の携帯電話やスマートフォンの料金の延滞がこれに該当してしまうということです。

もちろん、携帯電話やスマートフォンの本体料金をすでに一括して支払っていれば月々の利用料金は携帯電話やスマートフォンの利用料金だけですから、延滞をしてもブラックリストに記載されるようなことはありません。月々の利用料金に本体の文のローンが上乗せになっている契約だけです。